分散投資でリスクを減らそう

投資を行う上で大事なのが分散投資をすることです。投資のことわざでは「卵を一つのカゴに盛るな」というものがあります。複数ある卵を一つのカゴに盛った場合、もしも誤ってカゴを落下させてしまった場合には盛った卵すべてが割れてしまい、台無しになります。しかし、卵を個数分のカゴに一つずつ盛った場合、同じように一つのカゴを誤って落下させてしまっても、他の卵は無事なので、被害は最小限に留められます。

海外投資も同じように、投資先を分散することが大切です。たとえば発展途上国でこれから値上がりするであろう国があって、今後成長(値上がり)が期待できるからといって財産の全てを投資したとします。しかし、市場の動きが急変して、市場自体全体の価格が急落してしまったら、財産は一気にマイナスになります。
しかし、投資する国を分散しておいたら、一つの国は何らかの原因で大暴落を起こしたとしても他の国の価格がキープされていたら、被害は少なくなります。

いくら成長著しい国であっても自然災害やテロの影響で市場価格が急落することも大いにあり得ることです。そのため、日頃の情報収集も大切ですが、海外投資は分散投資という投資手法を使って投資をはじめてみると良いのではないでしょうか。

Posted in 投資全般 | Leave a comment

資産形成のシミュレーションを行なう魅力

投資と言っても色々なスタンスがあるので、生活状況や経済状況を踏まえた実践が、大きな成果へと繋がります。元手が少ない状況で博打を賭けるように投資を行なうのは、非常に危険なのです。

できるだけ成果に繋がりやすい方法を選択することが、長期にわたって安定した成果を得るためには重要なポイントとなります。まずは、運用に使用することができる元手を確認した上で、どのような方法を用いた資産形成を行なうべきかを考える必要があります。投資に費やす時間がどれだけあるかを洗い出すことも大切です。

毎日の生活の中で、資産形成に割くことができる時間がわずかであっても、自動売買などの効率的な資産運用を利用すると、自分が判断して売買を行なうことができない時間帯も、資産形成に割り当てることができます。主婦や学生であっても、資産形成は可能です。

長期的な視点で積立を行うという選択肢も存在します。自分自身の未来をどのように切り開いていくかを見据えるだけでも、これから必要な要素がわかるようになります。それから資産形成を行なっても遅くはないのです。

リスクを踏まえて適切な行動を心がけるだけでも、無駄な投資は抑制され、効率的に資産形成ができるものへと、流れていくのではないでしょうか。

投資リスクについてはこちらのサイトで詳しく学びましょう。
どこよりも分かりやすい投資専門チャンネル

Posted in 投資全般 | Leave a comment

アインシュタイン博士も認めた複利の効果

かのアインシュタイン博士が「人類最大の発明」とまで言わせたものが複利です。複利は元金に再投資された利息の分にもつく利息のことを言います。1年複利の場合、最初の1年目は単利と同じように元金に対しての利息が付与されますが、翌2年目以降、単利は元金だけに対して利息がついていたものの、複利の場合は元金に利息が加わった金額に対して利息がつくようになり、以降同様に利息がついてきます。つまり複利の場合は雪だるま式に利息が付いて資産が大きくなります。このような資産が増え方を複利効果と言われています。

この複利は資産運用をする際に大変重要な考え方です。たとえば100万円の元金を年利5%で30年間運用した際には単利の場合、30年後には250万円になりますが、複利の場合は約432万円になります。同じ元金で同じ年利でも運用の仕方でこれだけの差が出ます。さらに運用年数が長ければ長いほど最終的な資産の差は大きくなりますので、なるべく早いうちから運用を開始した方が良いのです。

しかし、複利の効果はマイナスの効果を表すこともあります。借金に対する複利効果です。キャッシングやローンの場合は逆の考え方で、なるべく元金を少なくし、早期返済、低利息にすることでマイナスを抑えることができます。

Posted in 投資全般 | Leave a comment